フォト
無料ブログはココログ

行事の特集

  • 行政・個人をかかわらずお祭りなどの行事にかかわる写真を掲載しています。

近況写真

  • arikaのごく最近の映像写真です。

« 2017年5月 | トップページ

2017年9月

2017年9月 2日 (土)

正しい介護とはなんですか。

いろいろブログすることは不平や不満を言っているわけではないのです。

少しでもその関わったところが良く成りたいと願い行うことが
人間の向上心につながり、強いてはその環境が成長していると
思いますがいかがでしょうか。
後退的な意見や考えが現状をストップしてしまうのです。
それは何を意味しているかというと世の中は決して写真のように
一カ所で止まることができないのがこの世の中なんです。
従ってその物自体が将来は必要としていないのです。
だから維持することでいっぱいで、決して良くわならないのです。
もういい加減にわかってほしいと思うのですが如何でしょうか。
そのために今いるものが犠牲になるのは困ったものです。

もうここには書きたくないのですが・・・・・

本当に良くならないHの施設です。

私だけなんでしょうか?
こんなことを思い続けて入所から17年が経ち、
今新たな病棟の配置転換を余儀なくされてみるみるうちに
廃用性でなんとか入所の頭数を捉えているような
待遇です。
さらに施設の場所が狭いので今までの車椅子からフロアーへの
移動はなくなり、ずーっと車椅子の状態でベッド以外はおろしてもらえなくなります。
トイレも2〜3日に一度の対応でそれ以外は連れてもらえないとのことです。
こんなことを平気で親に求めてくるのです。
これって人権無視に当たりませんか、でなければ生きていく上で毎日食事をとり
毎日、自分で動けなくても体位の返還をしては頂いていますが
そのための最低限の人間としての扱いに職員の配置があるはずなんですが
なぜそれが・・・・・なんとも悲しい国の対応ではないでしょうか。
府の対応ですか?施設だけでの判断ですか?
これでは本当に人間扱いがなされていない戦時中の収容に近い・・・・・。
まさかこんなことが今の世の中に実在するのでしょうか?
疑問でいっぱいです。

« 2017年5月 | トップページ