フォト
無料ブログはココログ

行事の特集

  • 行政・個人をかかわらずお祭りなどの行事にかかわる写真を掲載しています。

近況写真

  • arikaのごく最近の映像写真です。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年2月

2016年2月20日 (土)

そこの職場はどんな職場?・・・・・・・・

そこへ行くまでに誰も気づかないのはおかしいのでは・・・・・・・・?

追いつめられたこの人はなぜこのような事をしたのか、出来たのか、考えてみたいものです。

犯罪の大半に感じることはそのひとはその後どうなるのか・・・・・・遺族も家族もまた自分の

家族に相談したと有るが自分の家族は自分の味方と思っているのか?

その前にもし職場の間違いに気づいたら、職場の間違いを訴え続ける勇気が必要ではあり

ませんか、それがだめならその前にその職場を去ればいいのです。そうではありませんか?

生まれた時は母と一緒ですが人間死ぬ時はみな一人なんですよ。誰も一緒に・・・・・・・。

あなたの犯罪の変わりは誰も背負ってくれませんよ。
3人もの尊い命をうばったなら3倍の償いをしてあげてください。 (^人^) 南無~♪♬♩♯♭

2016年2月19日 (金)

ベランダに出ませんか?

ベランダに出ませんか?(なんて今までと違ってやさしい容疑者の態度に・・・・・)

被害者は喜んだのに違いありません。が・・・・・・・出たとたんに~~~

被害者何を思ってその瞬間を待ったのか・・・・・・。障害施設でも言葉も出ない・自分で動くことも

出来ない・食べることもできないこの様な人間をどのように考えて扱っているのか・・・・・と言っ

た考え方が妥当でしょうね。そのため保護者が面会に来てくれた時は途端に笑顔が出てくる

それもでなくなった今のarikaは何の体験をさせられているのか・・・・・・と考えれば・・・・・・毎

晩涙が出てくるhiroです。パリは燃えているかはそうした人間の原点を訴えた音楽です。

きっとそうですね。加古隆さん。

ハイテク時代に取り残された施設・・・・・

今の時代に情報が生かされた仕組みが出来るのに・・・・・・・・映像も今はただ見たいに再生

できる、昔と違って格段の経済性があり街中ではいたるところにTVカメラが設置されているに

もかかわらず犯罪率の高い施設・介護施設になぜカメラが極ごくわずかなほどしか普及して

いない。それは犯罪を防止する以前に何かが左右しているかのようだがそれは弱者にとって

は過酷な環境の深まりとしか言えないのでは。助けを求めても声も出せない障害を持った子

供たちから笑顔を奪っているのはほかならぬ良心を持たない施設の空気が奪っている。

下の老人施設以上に障害施設はやみの中にあるのではありませんか。

File0053

どこに監視の目があるかがその施設の程度のランクと同じでは?

誰がばれる犯罪をするもんですか・・・・・。犯罪とはばれないと思うからやっているのではありませんか?

それを見過ごす犯罪者より認識が低い管理者は、管理者に成ってはいけませんよね。

File0054

この様な施設ですからこの程度の表面化(氷山の一角と)ですが障害者施設は

こんなものではありませんよ、きっと訴えが出来ないことを承知している犯罪者

は人の目が一番怖いのです。その人の目の代わりがカメラの可視化ですよ。

お偉いさんも認めてはいるけど人が来てくれないと思っているのかね?

それよりも良心が去って行くのは良心の環境がない職場が原因ではありませんか。

ストレスでこの仕事されたんでは無理です~~~♪♬♩♯♭

ストレスでは絶対この仕事できません。

だから連続勤務なんてしている人がいたら虐待は背中合わせ何ではありませんか?

人間追い込まれたら何するかわかりませんよ。世紀の映像見れば分かりますけど・・・・・。


密室転落死ではなかった・・・・のです。

誰もが自由に出入りできる部屋でなかったのか?

監視カメラは点で捉えずなぜ面での発想の設置が無いのか?

この記事も予想通りの展開に発展していく・・・・・・

File0056_3

File0057_4


一人目でなぜ不思議に思わなかったのかが問題では?

2016年2月17日 (水)

看護責任者からの電話で・・・・

ここの介護看護も川崎の事件となった根底には可視化が無いからです。

arikaのことは常々心の痛む毎日です。今回の痣は前回から1カ月足らずですね。 (-_-;) 

File0152_3


この記事は随分前の記事ですが新鮮に見えますね。

今回もいつもの何かで足に痣が着きました。と今電話が入りました。

本人さんも足を動かされますので・・・・・・・本人さんがされたのかも?・・・・・と

ヘルパーさんも入って頂いていますので・・・・・・誰がしたのかそうでないのか?・・・・・と

1年365日目を離さずに見られません事から~~~との最後いつもの居直りみたいな~

ただここで誤解を招くといけませんのであえてarikaの状態を説明しますと・・・・・・・

arikaは一人では立つことも這う事もできず車椅子にベルトで固定されて、足もベルトで固

定されて胸もベルトで固定されて手には手袋で自由が利けずロボットと同じ状態の介護を

仕方なく我々も受け入れて拘束を書面でサインさされている状態のarikaなんですよ。

そのarikaがどうして自分で足の親指の根元を骨折出来ますか。と反論したいのです

が・・・・・・。

いつもの人情のない中味のない内容を延々と長電話でこちらも困り

「ありがとうございます」を繰り返し早くその方からの電話が切れると

良いのですが・・・・・・・5回「ありがとうございます。」ほどでで切れました。 (^人^) 南無~♪♬♩♯♭

今も冷静になったので・・・・・・考えてみっれば昔と一緒で管理者は報告と謝ることだけで

親身にその事故に対する改善意思が無いのを担当レベルに読み取られているのか・・・・

管理の能力がないのか担当者レベルに馬鹿にされているのか同じ枠内なのか・・・・・・

何とも言いようのない~~~~京都の福祉施設です。この様な事をhiroが公に口にするも

んですからarikaに仕返しが来るのです。hiroはここで負けられないのです。arikaごめんね。

これも障害者の介護従事者の皆さんが善人が主流に動かせることを、良くなることを願い・・・・・・日本の良心を一番欲しい障害者施設なんですよ。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年7月 »