自己紹介文

私は16年ほど前にこの施設に入所しました。入所時は走ることができていました。今はベッドの生活で手の先も足の先も廃用性です。両親が来てくれる土日が楽しみなんです。今hiroが僕のお店を出して頑張ってくれています。社会は障害者を理解してくれていますが、まだまだです。・・・・・・。家族親戚に介護の必要性ができて体験し、初めて現実を体験されるのです。それからでも遅くはありません、いろいろな障害を持った人たちを普通に認めてください。

興味のあること

arikaの日常で起こる生活をブログしてます。